保険相談の断り方はどうすればいい?丁寧に断れば問題ない?

Tポイントやマイルなどのポイントが保険無料相談でもらえるキャンペーンを見かけます。

高額ポイントがもらえるサービスは有名ではないものばかりで本当にポイントがもらえるかわからないですよね。

多くの場合、数回の面談を実施し、アンケートに回答するとポイント付与という流れが多いです。

そのため、最初の面談等で相談者に契約の見込みがないと見られたらその後の面談をなかなかしてくれないなどポイント付与の条件に満たない状態で放置される可能性があります。

そのため、ポイント目当てで申し込むのはやめましょう。

少し前まではいろいろなところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォンの販売店では額が大きすぎて本体を買うよりも得になるようなことすらありました。

保険無料相談サービスでも同様に相談者特典として商品券プレゼントをしていました。

そういったキャンペーンを見なくなりました。

それもそのはず、総務省や金融庁が発表した指針で高額キャッシュバックや高額なギフト券などをプレゼントする販促活動を禁止としたからです。

そのため、保険業界では相談者特典の内容をお米や牛肉、タオルなどの景品プレゼントに変更しているサービスもあります。

相談者を募集するキャンペーンで相談者特典として商品プレゼントをする保険無料相談サービスをインターネット上で見かけます。

大半の方が、とりあえず保険相談の申し込みをしたら商品がもらえると思っていますがそれは違います。

基本的には数回の面談後、アンケート回答などを商品受領の条件にしているサービスが多いです。

そもそも、申し込んだからといって絶対に面談が行えるわけではありません。

特に、中小規模のサービス会社に申し込んだ場合は、大手サービスに比べてFPの登録者数が少ないため面談の予定が決まらないことがあります。

ここ数年でペットの家族化が急速に進んでいます。

例えば、「ペット保険」や「ペット供養」などです。

ペット保険とは、病気や怪我で動物病院に行った際の治療費を保障する保険です。

日本全国の動物病院で入院給付金や手術給付金を給付できるほか、オプションでガン給付金や死亡給付金がついた保険もあります。

ただし、毎年のワクチンは適用外になりますので病気になる可能性の低い若いペットの場合は必要ないという考え方もあります。

ペット保険について気になる方は、保険無料相談サービスでも取り扱っているようなので相談してみましょう。

皆さんは買い物に行って必要ないものを買わされたというようなトラブルの経験や話を聞いたことはありますか。

生命保険の勧誘でも同じようなことがあるそうです。

例えば、保険の説明をしているときに不足している部分が重要だったという場合もあるそうです。

他には、保険金を請求したら数十年前の通院歴の告知義務違反で保険料が請求できないこともあるそうです。

そんな時にどこに相談したらいいのかわからないですよね。

人生の中で保険は家の次に高価な買い物と言われるくらいで生命保険トラブルの解決が得意な弁護士もいるようです。

こういったトラブルが発生した時には弁護士に相談してみるのも一つの手です。

なぜ無料なのに続けられるのかわからないサービスがあります。

無料でも営業を出来ているのには何かカラクリがあるはずです。

一例として、保険無料相談サービスの場合では相談サービスを行っている企業の主な収益は各保険会社からの契約手数料となっています。

つまり、相談者がFPに提案された保障を契約することによって保険会社から手数料がサービス会社に入るという形です。

そのため、契約してもらうことが重要なので、契約の得られない会社にとって利益率のいい相談者の希望を無視した保険よりもまず、起きないと考えてもいいです。

相談自体は無料なので、今の保障内容を忘れてしまったという方も安心して活用してください。

保険相談には自分がお店へ行くタイプと向こうに来てもらうタイプとがあり、訪問タイプでは面談するFPさんを選べないために、実力に納得がいかなかったり相性が悪かったりする場合もあるようです。

こちらの質問に満足な回答を得られないまま、流されてしまうこともあるかもしれません。

「確実に損をしますよ」等不安をあおるなどこちらの弱みに付け込むような方法をとるFPさんでは、アフターケアについても心配なのであまりお任せしない方が良いと思います。

そんな失敗を避けるためには、自分でも勉強して家族などにも面談に参加してもらいましょう。

2017年4月の金融庁が出した指導により保険無料相談後に高額な商品券を相談者特典としてプレゼントするのは禁止になりました。

「換金性の高い商品の提供の禁止」という金融庁の指針に対して各サービスでは、商品券から「換金性の低い景品」へ変更しています。

また、3000円程度の商品券のプレゼントキャンペーンを行っている相談サービスもありますが、これは明らかにルール・法令違反なのでいずれなくなっていくでしょう。

もし、保険相談サービスを利用しようと思っているのならば、キャンペーンだけでなくサービスを提供している会社の評判などを調べてから選びましょう。

相談をしたいと思い立ってすぐに見直しをしたいなら近所の保険ショップに行くという選択肢もあります。

専門家に保険の相談をしている人はどれくらいいるのでしょうか。

それぞれの業績を見てみますと一社の利用者数だけでも年間十万人を超えるそうです。

このことは人々の関心が高いという一方で、仕組みが複雑過ぎて普通の人には理解しにくいことの表れでもあるのではないでしょうか。

会社自体は数多く存在しますが、来店型ではほけんの窓口、訪問型では保険マンモスの会社名をよく目にします。

やはりFPさんの知識量や提案力など質が高いことや、気軽に面談までできるという点に定評があるようです。

家族も増えて将来のことを見据えて保険の加入を検討している方、保険の加入を考えているなら相談サービスを選びましょう。

近所の駅前にあって行きやすいからという選択もいいのですが中には、黒毛和牛肉やお米をプレゼントしているサービスもあるんです。

流れとしては、web予約フォームから相談日を決めて、家計&保険無料相談後にアンケートへ回答するともらえるそうです。

でも、無料で景品プレゼントを行っていると強制的・強引な勧誘をしていそうという気持ちもわかります。

FP紹介サービスでは、評判をとにかく気にしているので評判の悪いFPは登録解除を行う、相談者の紹介の優先度を下げているなど様々な対策をしています。

保険の募集や販売は「保険業法」でいろいろな規制がかけられています。

保険業法第300条への指針として「保険会社向けの総合的な監督指針」を策定しています。

そのため相談者に「特別な利益」の提供として換金性の高いギフト券やクオカードなどの換金性の高いものをプレゼントしてはいけないのです。

では、牛肉などの景品をプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には商品プレゼントについては記載されていなく、新年の挨拶などでもらうカレンダーの配布などは保険業法において禁止されていません。

しかし、商品プレゼントが一般的な儀礼の金額を超える場合は「特別利益」に当たるとされ、「完全にシロ」とも言い切れない状態にあると言えそうです。

世間では人生で2番目に高い買い物は保険と言われています。

そう考えると、やはり慎重に選びたいですよね。

不安なら、無料でできる相談会社を利用してみてはいかがでしょう。

町中にお店があったり、FPさんが訪ねてきてくれたりしますが、そんな中で特典がもらえるところもあったりします。

内容は商品券や図書券などが多く、現金の場合もあるようです。

一万円に満たない額がほとんどですが、面談を数社とするならお小遣いとしては十分な額になるでしょう。

勉強になる上にプレゼントまでもらえるとしたら、ダブルでお得なお話ですね。

保険の無料相談を行っている会社はたくさんありますが、その中で本当に良い会社と出会うということは、考えているより難しいのかもしれません。

探す際のひとつの目安としてランキングがあります。

これはさまざまな点から順位をつけてくれているので、自分にとって大切なことを最優先に選びやすくなります。

一般的に良く知られた会社であっても場合によっては担当者と合わないことも考えられるので、上位の会社で複数面談をお願いしてみるなど、上手に活用してみてはいかがでしょうか。

一般的に家の次に大きな支出と言われている、保険。

それだけに保障内容や月額などの見直しはとても重要です。

体験談などからわかるトラブルは予め認識して、落ち着いて対処できるようにしておきましょう。

多くの人が一番心配なことは押しの強い勧誘だと思います。

心配なところばかり挙げたり、メリットばかりを強調されたりして提案に納得ができていないままにされるといったかたちです。

こちらの希望ははっきりと伝え不安を感じたら時間をおきましょう。

普通はこういったいざこざに対処するサービスが用意されているので、利用しましょう。

自分でしっかり考えて判断し、無理解のまま流されることのないようにしましょう。

いわゆる保険の見直しといえば店舗へ足を運んだりFPさんに訪問してもらったりと直接面談するのが普通かと思いますが、中にはより手軽に電話での話合を受け付けているところもあるのだとか。

どんなシステムかというと、最初にネットなどから電話をしてもらう時間の予約をする必要がありますが、そのあとは予約時間を待つだけで良いわけです。

お金は1円も必要ないそうです。

これなら本当に良い提案のときだけ話を聞いていれば良いので、ほかの方法に比べても気楽に試しやすいのではないでしょうか。

参考:保険相談の断り方はどうすればいい?【予約取り消しの言い訳集】

世の中には保険無料相談を請け負っている会社がたくさん存在します。

そんな中で、自分に合った良い会社を見つけるのは至難の業ともいえるかもしれません。

探す際のひとつの目安としてランキングがあります。

重要なポイントに絞って作られていることも多いので、自分にとって大切なことを最優先に選びやすくなります。

世間に広く知られているような会社でもFPさんとの相性や信頼関係は妥協できないところなので、上位で自分と合いそうな会社を探してみるなど、上手に活用してみてはいかがでしょうか。

2017年に出された金融庁からの指導により保険無料相談後に高額なギフト券を相談者へプレゼントするのは禁止になりました。

「換金性の高い商品券やギフト券などの提供の禁止」という金融庁の指導を受けて各サービスでは、商品券から牛肉などの景品へ変更しています。

また、3000円程度の商品券のプレゼントキャンペーンを宣伝しているサービスがありますが、これは明確な法令違反になるのでいずれなくなっていくでしょう。

もし、保険相談サービスを探しているのならば、キャンペーンだけでなくサービスを提供している企業の情報を調べてから選びましょう。

すぐに相談をしたいなら保険ショップという選択肢もあります。

一般的に良い評判よりも悪評の方が頭に残ってしまいます。

保障内容の確認や契約状況の見直しをしてくれる保険無料相談サービスではそういった評判はどうなのでしょうか。

口コミサイトを参考にすると相談前の人の多くが「相談したら結局保険を契約させられそう」という印象を持っていてなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。

実際に相談してみると「納得いくまで何度でも聞きにきてください」と言ってくれて安心できた、説明内容や物腰が柔らかくて本当に相談だけでも大丈夫だったなどイメージとは全く違っていたことがわかりました。

なので見直しの機会を考えている人は安心して相談してください。

保険を考える時期といわれる人生におけるイベントがあります。

例としては、結婚したときや子供が生まれたときなどです。

でも、全く知識がないと何を基準にして選べばいいかわからないですよね。

そんな時は、保険無料相談サービスを使ってみましょう。

すでに保険に加入している人でも年収や支出などが加入当時から変わっているはずです。

なので、無料相談で今の生活状況、将来の夢や希望に合っているか、いざという時にきちんと保障で守られるかを改めて見直しましょう。

相談した結果、内容はほとんど同じなのに保険料が約1/3になったという話もあります。

相談だけで新しい保険へ乗り換えをしなくてもOKなので気楽に利用してみてください。

保険無料相談会社の選び方のひとつとして、クチコミが挙げられるでしょう。

それぞれの会社でどんなFPさんと会えてどんな提案をされたのか、詳しく調べてみましょう。

良いFPさんならある一社の商品ばかりを勧めることはほぼありません。

顧客側の希望もしっかり聞いて考えてくれるので、守りたい生活に負担のない提案であることは当然ですが、場合によっては驚きの提案だけど納得!なんてこともあるそうです。

良いFPさんとの出会いが会社選びを決めるでしょうから、いろいろな会社の人と面談をしてみることによって、比較検討を重ねた上で決断することをおすすめします。

相談者を募集の販促で豪華な商品プレゼントを行なっている保険無料相談サービスを見かけます。

多くの方が、とりあえず保険相談の申し込みをしたら景品がもらえると思っていますがそれは間違いです。

一般的には数回の面談後、アンケート回答などを各サービス会社では商品受領の条件にしています。

更に言うと、申し込んだからといって必ずしも面談の予定が確定できるわけではありません。

特に、中小の相談サービスに申し込んだ場合は、大手サービス会社に比べてFP登録者数が少ないため面談の予定が決まらないことがあります。

今の保険を選んだ際にどういったものを参考にしましたか?ランキングサイトなどネットの情報を参考にした人、職場に来た営業の人の説明や知人の話などいろいろな参考材料があると思います。

そうやって決めた結果、月々の料金が厳しい、実はどんな保障が付いているのか覚えていないという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスを活用しましょう。

当たり前のことですが加入当時と現在で生活状況は変わってくるものです。

気軽な気持ちで相談してみたら、保障内容はほぼ同じなのに月額が低く抑えられた、今の生活状況により合ったオプションが発見できたという話も多いです。

皆さんは自分の入っている保険にどんな保障が付いているか把握していますか?少しでもわからない部分があれば確認しておいた方がいいです。

その際、おすすめするのが保険無料相談サービスの活用です。

例えば、病院で手術をした時に現在の保障ではいくら支給されるかや家が地震で崩れてしまった時の震災保険などは、日常的に意識しないので保障内容を忘れていることもあります。

そこで、相談サービスにFPを紹介してもらい現在加入中の保障内容がライフプランに合っているか確認しましょう。

場合によっては、ほぼ内容が変わらないのに月額を低く抑えることができたという話も聞きます。

家族も増えて将来のことを見据えて保険の加入を検討している方、どうせ相談しに行くならサービスを選びましょう。

近所の駅前にあるから、たまたま目に入ったからという選び方もいいのですが中には、黒毛和牛肉やお米のプレゼントを行っているサービスもあるんです。

流れとしては、webサイトの予約フォームから相談日を決めて、家計&保険無料相談後に条件を達成しているともらえるそうです。

でも、イメージとして無料で商品プレゼントを行っているサービスって強制的・強引な勧誘をしてそうという不安な気持ちを持ってしまう方もいると思います。

最近のFP紹介サービスでは、評判の悪いFPを登録解除を行うサービスもあるほど評判を気にしています。

今現在、世の中にはたくさんの保険無料見直し会社があります。

手軽にネットから予約ができるので、あとは流れに沿っていけばFPさんとの面談が叶います。

もちろんそうはいっても、自分で調べられることは準備しておきましょう。

今現在ある保障についてはもちろんのこと、自分のライフスタイルを考えてどんな保障があると助かるのか、またどれが不必要なのか、金額はどれだけ出せるのか、今後の生活にどのような変化がある可能性があるがなど、限られた機会を有効に使うべく事前に準備をしておきましょう。

近年、ペットの家族化、人間化というような現象が急速に進んでいます。

例えば、ペットのための保険やお寺などで行われるペット供養などです。

ペット保険とは、動物病院で病気の治療をかかった際の治療費用を保障する保険です。

日本全国の動物病院で保証が受けられるほか、ガン給付金や死亡給付金などのオプションがついた保険もあります。

ただし、毎年のワクチンは適用外になりますので若いペットには必要ないという方もいます。

保険料や内容が気になる方は、保険無料相談サービスでも紹介していますのでとりあえず相談してみましょう。

家計がギリギリ、でも貯金はしたい!という方はどの部分から毎月の支出を減らしましょうか。

まず思いつくのが食費ですがお子さんのいる家庭の場合ではできることならそのままにしたいですよね。

そうするとすぐに思いつくのは、毎月支払っている携帯電話料金です。

電話の時間を減らしたり格安SIMに乗り換えるという方法です。

その両方を削りたくないなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。

保険無料相談サービスを活用した人のブログを見ると現在の契約状況・保障内容を様々な角度から見て提案してくれたそうです。

そのブログ主の担当者さんは説明がわかりやすく信頼できたそうなので皆さんも信頼できる担当者が見つかるまで相談するのがよさそうです。

世間でどれほどの人が保険のプロのところへ相談に行っているのでしょうか。

業績を調べますと一社だけでも年間十万人を超える利用者がいるとされています。

それは人々の関心が高いことの表れでもあり、また入り組んだ仕組みが専門家を頼らざるをえないほどであるとも言えるかもしれません。

いろいろな会社がありますが、来店タイプとしてほけんの窓口、訪問タイプとして保険マンモスの評価が高いようです。

それらの会社はFPさんの質に絶対の自信を持っているうえに、面談までの手軽さが選ばれる理由のようです。

評判の良し悪しを気にする業界と聞いて、どんな業界を思いつきますか?一般的に思いつくのは、芸能業界や飲食業界だと思います。

実は保険無料相談サービスを行なっているFPもとても気にしているんです。

というのも、相談サ―ビス事業者に登録してるFPは相談者が紹介された保険を契約したら保険会社から報酬が発生するため、しつこい勧誘を行うとSNSや口コミサイトなどで拡散されてしまうからです。

そのため、サービス側も登録しているFPの質を挙げたいので、悪評、クレームの多いFPの登録解除を行ったりして対策をしています。

一生のうち、保険は家の次に高い買い物と言われているので、信頼できる人からしっかりと説明を受けてから決めましょう。

最近CMなどいろいろなメディアで目にする保険無料相談サービスですが、本当に無料なの?という疑問を持ってしまいます。

なぜ無料でできるのかを調べてみました。

どういったカラクリがあるかというと、各保険会社からの契約手数料を主な収益にして成り立っているからです。

つまり、相談サービスを行なっている会社としては、勧めた保険に契約してもらわないと収益が入らないことになります。

そのため、お客様目線で提案・保険内容の説明をしてくれ、「相談に行ったら今より高い保険を勧められそう」といった心配事はなく現在の保険内容の確認だけの利用も大丈夫です。